●HOME ●お問い合わせ ●お申し込み ●新庄の天気
●リンク ●事務局 ●掲示板

最終更新日 2015年04月29日




シュマイザー氏、モンサントに勝利

2008年3月19日、パーシー・シュマイザー氏(Percy Schmeiser)が、モンサント社(Monsanto)の遺伝子組み換え種子のラウンドアップレディー・カノーラ種子によって耕作地が汚染されたとして同社を提訴していた裁判で和解が成立し、耕作地の汚染除去費用をモンサントが全額支払うことで合意した。

同和解では、裁判所による口外禁止令は発令されず、また、モンサント社が再び汚染を起こした場合には再度提訴を行えることも合意された。

シュマイザー氏は、「この和解によって、農家が合意していないのに耕作地がラウンドアップレディー種子やその他の遺伝子組み換え(GMO)作物によって汚染された際に、汚染除去の費用を請求することができるという先例をつくることができた」と、勝利宣言した。(翻訳:keji)

http://www.percyschmeiser.com/
http://www.oilweek.com/news.asp?ID=14978


トピックス目次へ



| HOME | 水田トラストとは? | トラストのしくみ |
2005年度募集 | さわのはなの生産者|
| さわのはなの復活 | 会報・情報交差点 | イベント・活動情報 |
| 遺伝子組み換え稲NO!
| コラム「あべ文子のあっち・こち」 | 掲示板 | 事務局 | リンク |
(C) 2004 新庄・水田トラスト Supported by ネットワーク農縁